肝斑を消す方法

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は、シミの一種です。

 

シミにはさまざまな種類がありますが「淡褐色で左右対称に出来易いシミ」が肝斑なのです。

 

日本人は肝斑が出来易いといわれており、特に30代から40代の女性に多く見られるシミといわれています。

 

肝斑は、頬や額、顎、鼻下等に特に出来易いでしょう。
幅も広いので、すぐに肝斑だと分かる方も多いのではないでしょうか。

 

特に更年期に差し掛かると肝斑が出来易くなるといわれていますが、ピル服用、妊娠出産などを経た若い女性に肝斑が出来る場合もあります。

 

妊娠中に肝斑が出来る場合は、特に妊娠2か月から3か月の時期に現れることが多いでしょう。

 

色は次第に濃くなりますが、ほとんどの人は出産後に消えます。
稀に出産後も肝斑が残ったままの状態になり、こうなるとなかなか肝斑が消えなくなってしまうでしょう。

 

日本人のシミは老人性色素班が一番多いといわれていますが、30代以降の女性は肝斑も同じくらいなりやすいシミだといわれています。

 

老人性色素班は比較的小さいシミですが、肝斑は範囲が広く左右反転に出来易いので、違いもわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

肝斑は、額や頬骨に出来易いシミです。
左右同じ位置に広範囲で出来るので、出来た当初はただの血行不良や顔色が悪いだけ、だと認識してしまうかも知れません。

 

目の周辺には出来ず、肝斑が出来ると疲れたような顔の印象になってしまうでしょう。

 

肝斑は、睡眠不足や低血圧等が原因で出来る場合もあるので、よけい顔色が悪く見えてしまうのかも知れません。

 

30代から40代によく出来ると言われている肝斑ですが、50代後半くらいからは肝斑が出来にくくなるといわれています。

 

また、60歳以降からどんどん肝斑が薄くなるという方も多いでしょう。

 

肝斑は化粧では隠しにくいシミなので、一度出来ると悩んでしまう人もとても多いシミなのです。

 

原因

肝斑が出来る原因は本当にさまざまです。

 

しかし一番の原因はやはり「女性ホルモン」でしょう。
女性ホルモンが不安定だと、肝斑が出来てしまいます。

 

 

たとえば、30歳から40歳の女性は閉経に向けて更年期が少しずつ始まってきます。
そのせいで、女性ホルモンはどんどん不安定になっていくでしょう。

 

そのせいで、肝斑が出来てしまうようです。

 

他にも、ピルを服用したり、妊娠をすると、女性ホルモンはどんどん変化して行きます。
ピル服用中の女性や妊娠をした女性が、若くても肝斑が出来てしまうのも女性ホルモンのせいなのです。

 

女性ホルモンが主な原因、ということで、肝斑は基本的には体の内面に原因があって出来るシミです。

 

他にもストレスが溜まっていたり、不規則な食生活、睡眠不足などが原因で出来る場合もあります。
栄養不足はもちろん、これらの生活はホルモンバランスを乱れさせてしまうので仕方がないでしょう。

 

 

シミの一番の原因である紫外線の影響も、全く関わりが無いという訳ではありません。

 

多くのシミは紫外線が原因で発症しますが、肝斑も紫外線を受けメラノサイトが生成されたせいで色濃くなってしまう事はあります。

 

一番の原因は女性ホルモンだといわれていますが、肝斑を作らない為に、これ以上濃くしない為に、紫外線対策を行うことはとても重要なことでしょう。

 

対策

シミ肝斑

 

肝斑は一度出来ると改善が難しいシミです。
時間経過で解決できる場合もありますが、それでも時間がかかってしまうでしょう。

 

そんな肝斑の対策方法についてご紹介いたします。

 

まず、一番大切なのが紫外線対策です。

 

シミの多くは紫外線が影響で出来ます。
肝斑も、一番の原因ではありませんが、紫外線対策をした人と全くしていない人では、出来る確率が変わってくるでしょう。

 

紫外線を浴びると肌の内部が傷つき、肝斑はもちろん他のシミが出来易い状態になってしまいます。

 

出来るだけ、紫外線対策を心掛けた生活を行ってください。

 

紫外線対策といっても、簡単な事で十分です。

 

外出をするときは日焼け止めを塗る、日傘やUVカットの衣類を着て物理的にブロックする、日焼けをしたなと思ったら丁寧に冷やし保湿をする。

 

これだけでも十分な紫外線対策となるでしょう。

 

全く紫外線を浴びない生活というのも難しいものです。
出来る範囲で良いので紫外線対策を行うことが、肝斑対策になるのではないでしょうか。

 

 

スキンケアを丁寧に行うことも大切です。

 

年齢を追うごとに、どんどん肌内部の保湿成分が失われていきます。

 

肌の潤いが不足すると、シミが出来易い状態になってしまうでしょう。

 

肝斑対策をしたいのであれば、美白系スキンケアがおすすめです。

 

美白系スキンケアを使うことで、肌内部に蓄積したメラノサイトを除去し、シミが出来にくい素肌を作り出すことができるでしょう。

 

美白スキンケアは保湿効果が薄い商品も多いので、保湿対策を忘れないように心掛けて下さい。

 

 

規則正しい生活を続けることは、肝斑対策だけではなく日々の健康の為にもとても大切なことです。

 

毎日しっかりと栄養バランスの摂れた食生活を続ける、ストレスを溜めないようにする、睡眠をしっかりと摂る。

 

この様な基本的な生活習慣が、肝斑予防に繋がります。

 

肝斑は女性ホルモンととても近しい関係にあります。
ホルモンバランスが乱れると、肝斑ができやすい状態になってしまうでしょう。

 

規則正しい生活を続けることで、ホルモンバランスを安定させ、肝斑が出来にくい体質となります。

 

 

どうしても肝斑を作りたくないという人は、トラネキサム酸を服用してみてはいかがでしょうか。

 

内服薬である「トラネキサム酸」は、肌の色素沈着を抑える作用があります。

 

皮膚科で処方して貰うことが出来る薬であり、妊娠中や授乳中でも服用可能なので、安心して飲むことができるでしょう。

 

もともとは止血剤として使われている薬なので、副作用が少なく安全性が高い薬として有名です。

 

トラネキサム酸は服用後4,5週間程度で効果を実感できるので、妊娠中の肝斑が不安だという方や、肝斑がなかなか改善しないという方にもおすすめです。

 

また、トラネキサム酸はスキンケアや化粧品に含まれている場合もあるので、トラネキサム酸が配合されている商品を使ってみるのも良いのではないでしょうか。